ついに始めました、うるのクリエイティブのオリジナル電子書籍!
どの本も作者自身のダイレクト出版なので、この電子書籍版以外では読めません!
『カソクキッズ』は「高エネルギー加速器研究機構」のWEBサイトでも公開されていますが、この電子書籍版は、過去に出版された冊子版や単行本、ノベルティなどにのみ収録した追加エピソードやコラム、未発表のイラスト等も含めた「完全版」になっています。
小説版『時空戦士イバライガー』も大幅に加筆されているため、過去の冊子版とは別物になっています。
著作INDEX ※各タイトルをクリックすると、そのシリーズごとの詳細紹介ページを表示します。
広告まんが道の歩き方 カソクキッズ 時空戦士イバライガー その他 著者プロフィール HOME
時空戦士イバライガー:イマジネーションノベル 小説/SFヒーローアクション
ローカルヒーローのステージショーを本格SFアクションとして再構築!1話30分の特撮テレビシリーズを意識した書き下ろしイマジネーション・ノベル!!
Amazonで購入する
■1巻(1〜4話収録)
■2巻(5〜8話収録)
■3巻(9〜12話収録)
■4巻(13〜16話収録)
■5巻(17〜20話収録)
■6巻(21〜24話収録)
■7巻(25〜28話収録)
■8巻(29〜32話収録)
■9巻(33〜36話収録)
■10巻(37〜40話収録)
■11巻(41〜44話収録)
■12巻(45〜48話収録)
■13巻(49〜最終話収録)
時空戦士イバライガーシリーズ IBALIGER BEYOND THE TIME OF HEROES
Kindle版/各500円+税/2017年8月現在、既刊4巻/16話まで(全13巻/52話予定)
※クリックすると、各巻の詳細案内へ移動します。
1巻 2巻 3巻 4巻
茨城県を中心にステージショーなどの活動を続けているオリジナルヒーロー「時空戦士イバライガー」の世界を、運営団体「茨城元気計画」の外部メンバーとして、ショーシナリオ、各種設定、広報企画、ポスターなどキービジュアル制作等を長く担当してきた作者自身が小説化。普段のステージショーでは再現できない表現や小説オリジナルのキャラクターなどを登場させ、SF設定なども考察し直して、ご当地ヒーローの子供向けステージショーを本格SFアクションとして再構築していくシリーズ。

小説本編の1話ずつは30分枠のテレビ番組を意識し、アバン(オープニング)、Aパート、Bパート、エンディングなどに分かれており、特撮テレビ番組を観る感覚で読むことができる。公式の許可を得て執筆しているが、あくまでも「公認のオリジナルバージョン」であって、本作での描写の全てがステージショーのイバライガーと合致するわけではない。ただし基本的にはステージショーで演じられた内容をリアルに再解釈することが本作の目的のため、多くの部分がステージショーを補完する内容になっている(各巻4話収録/全52話予定)。

なお作者は「高エネルギー加速器研究機構」のWEBサイトで科学ギャグ漫画「カソクキッズ」を連載するほか、いくつかの科学研究機関でも同様の漫画連載を行ってきたため、本作では、そうした機関で学んだ科学知識(素粒子物理学、宇宙論、生命科学、物性物理学など)を各種設定の背景として組み込んでいる。このため様々な科学ウンチクを楽しむこともできる。

また本シリーズには、本編以外に「筆者コメンタリー」が付属している。これは特撮やアニメ番組などがDVD・ブルーレイ化された際に特典として製作者や出演者のコメンタリーモードが付くことを模したもので、本編を補足する脚注や解説としても、短いコラムとしてもお読みいただける。さらに実際のイバライガー活動に関わって見聞きしてきた裏話なども「大人のイバライガー」と題して収録している。
■筆者コメント
誰よりもまず、自分自身が読みたい(観たい)熱血ヒーローアクションを目指しました!!
本作はイバライガーファン向けの本ではありません。もちろん、イバライガーファンの方にも読んでいただきたいけれど、ボクは自分自身が読みたい(観たい)ものを書いています。ボクが憧れた作品たち……マジンガー、トップをねらえ!、ガオガイガー、グレンラガン、ウルトラマンティガ、うしおととら、ARMS、ダイの大冒険、マップスなどなど、他にも、たくさんの映画や小説など数え切れないけど、とにかくボクはそういうものを楽しんで生きてきて、だからこそ、それらに負けないものを目指そう、いや超えたいと思って書いています。むろん、そこに届くかどうかは全く別の話ですが、届こうと思って取り組まなければ自分に様々なものを与えてくれた作品たちに対して不誠実だと思うので、追いつき追い越すつもりで書いているのです。あのときと同じように熱くなって、泣いて、夢中になりたい。何よりもまず自分がそうなりたいのです。だから、自分が作者じゃなかったら絶対に買います。ボクは自分自身と、自分と同じような嗜好の人たち向けに書いているのです。
なお、この作品は小説だけど小説ではありません。映像作品です。みんなの脳内にある映像を引き出すためのものなのです。前述のような作品を楽しんできた人なら、きっと映像が思い浮かぶはず。イマジネーションを全開にして「あなただけの映像」を楽しんでいただきたいです。

各巻の紹介(解説・試し読み等)

※ページ数はAmazonでの「紙の本の長さ」に準拠しています。
IBALIGER BEYOND THE TIME OF HEROES
小説版 時空戦士イバライガー:1巻
Kindle版/4話収録/約169ページ相当/500円+税
試し読み(一部のみ)

収録内容(目次)

■まえがき

■第1話 世界崩壊の序曲
感情エネルギーと呼ばれる謎の素粒子「エモーション」を発見すべく行われた粒子加速器での実験。しかし誰も想像しなかった事態が起こり、暴走したエモーション・ネガティブが人々に取り憑き、悪意の生命体=ジャークを生み出してしまう。研究所の助手であったシンとワカナが絶体絶命の危機に陥ったとき、時空の彼方から謎のヒューマロイドが出現する!

■第2話 想いの力
謎のヒューマロイド=イバライガーに救われたシンとワカナは、今回の事件によって人類の未来が途絶えてしまうことを知る。その悲しい歴史を食い止めるためにイバライガーと共に立ち上がる決意をする二人。だがジャークの追っ手が迫っていた。呼んでくれ、私の名を。ヒーローを信じる二人の感情エネルギーを得て、紅の機神がついに真の力を発動する!

■第3話 未来への挑戦
イバライガーの活躍によってジャークの怪物は倒された。だが、本当の戦いは始まってさえもいない。一時的に親友マーゴンのアパートに身を隠したシンとワカナだったが、そこには事態を重くみた政府の特殊部隊が迫りつつあった。一方、イバライガーは研究所に戻り、未来から共にやってきた3つの「コア」を起動させる。イバライガーをサポートする、あの3体のヒューマロイドが登場する第3話!

■第4話 砕け散る希望
あれから数年後。シン、ワカナ、イバライガーたちは、政府から指名手配されながらも密かに戦い続けてきたが、ジャークの本体は潜伏したままで捕捉できずにいた。そんな中、政府機関がジャークの拠点を発見、奇襲をかけることを知る。だがそれはジャークの罠だった。人々を救うために待ち受けるジャークの大群の中に飛び込むイバライガーたちだったが……


■筆者コメンタリー
■あとがき
■著者プロフィール
■特別付録/紙上・大人のイバライガー
■特別付録/イバライガーギャラリー

IBALIGER BEYOND THE TIME OF HEROES
小説版 時空戦士イバライガー:2巻
Kindle版/4話収録/約152ページ相当/500円+税
試し読み(一部のみ)

収録内容(目次)

■第5話 受け継がれる魂
ジャーク四天王ダマクラカスンを倒すために、自ら時空の狭間に消滅してしまったイバライガー。その遺志を受け継ぎ、戦い続けるシンとワカナ。二人の想いがイバライガーが生みだした特異点を通じて未来へ送られたとき、目覚めるはずのなかった新たなヒーローたちが出現する!立ち上げ初期の設定から現在のイバライガーワールドへと切り替わっていく過渡期の部分を描いた序章のクライマックス!

■第6話 未来の二つの顔
初代イバライガーの遺志を受け継いだ新たなヒューマロイド、イバライガーRとイバガールの出現によって、シンたちは危機を脱した。しかし、そこにもう一体、存在しないはずの漆黒のイバライガー=イバライガーブラックが出現する。イバライガーRを遥かに凌ぐ戦闘力を持つブラック。果たして彼は敵か味方か!?

■第7話 氷の微笑
研究所の事故以来、行方がわからなくなっていたシンの幼馴染でありワカナの親友でもあるナツミ。彼女はかつての姿そのままに、しかし肉体をジャークに奪われ、ジャーク四天王ルメージョと化していた。親友を救い出そうと立ち向かうワカナだったが、ルメージョの波動に操られた周囲の人々が立ちはだかり……!

■第8話 ジャーク・オブ・ザ・デッド
ゾンビのように操られる人々を傷つけられず苦戦するイバライガーたち。イバライガーブラックの介入によって戦いは激化していく。事態を食い止めるため賭けに出るイバガールとイバライガーR。想いを届けるために走るワカナ。その道を切り開くために耐えるシン。想いの力はルメージョの策略を打ち砕くことができるのか!?


■筆者コメンタリー
■あとがき
■著者プロフィール
■特別付録/イバライガーギャラリー

IBALIGER BEYOND THE TIME OF HEROES
小説版 時空戦士イバライガー:3巻
Kindle版/4話収録/約173ページ相当/500円+税
試し読み(一部のみ)

収録内容(目次)

■第9話 ミッション・イン・ポッシブル
密かに政府機関の隊員ソウマと接触したシンは、今後のためにイバライガーの全データを渡すことを決断する。その受け渡しを妨害されないために、Rは一人、イバライガーブラックと対峙する。互いに引くことができない相討ち覚悟の壮絶な戦いの中、新たなミニライガー=ミニライガーブラックが出現し……!

■第10話 犬とわたしの10の約束
交通事故で親を殺された子犬に悪意が宿り、ジャーク化してしまう。人間への憎しみに囚われ怪物化した子犬に共感したミニブラックは、共に市街地で大暴れ。出動したイバライガーたちも罪のない生き物を殺せない。大ピンチの中、イバライガーたちのベルト「エキスポ・ダイナモ」が輝いて……!

■第11話 星守る犬
子犬を救うことができたおかげでミニブラックと和解できたシンたち。だが、隠れ家での暮らしに退屈したミニブラックは子犬とミニライガーたちを連れて脱走してしまう。襲い来るジャーク。再び怪物化し始める子犬。だが……!

■第12話 還るべき場所
ジャークの波動に冒された人々の中には、人の心を失っていない者もいた。家族の、恋人の、仲間の元へ帰りたい。その想いを受け止めたイバライガーたちは、戦闘員として囚われている人たちを助けるために出動する。ステージショーでおなじみのストーリー「ジャークなんかやめてやる」を再解釈してノベライズ!


■筆者コメンタリー
■あとがき
■著者プロフィール
■特別付録/紙上・大人のイバライガー
■特別付録/イバライガーギャラリー

IBALIGER BEYOND THE TIME OF HEROES
小説版 時空戦士イバライガー:4巻
Kindle版/4話収録/約187ページ相当/500円+税
試し読み(一部のみ)

収録内容(目次)

■第13話 裏切りの報酬
シンたちから供与された技術で開発された量産型イバライガーとも言える戦闘スーツ「PIAS(ピアス)」。新たな力を得た政府機関は、その実戦テストを開始する。使い方によってはイバライガーをも上回る可能性を秘めたPIASを監視していたシンとRは……!

■第14話 サウンド・オブ・サンダー
時空の彼方に消えた初代イバライガーのサルベージ計画が密かに進行する中、ルメージョの大攻撃が始まる。つくば市中心街上空に出現する巨大な自爆ゴースト。襲いかかるジャークの群れ。時空の特異点を作り出すためにミニライガーたちが蓄えたエネルギーを巡って、ついに戦いは大規模な市街戦へと発展してしまう!

■第15話 悪夢、再び
政府特殊部隊TDFと共に、ジャークの群れに立ち向かうイバライガーRとイバガール。隠れ家に侵入しようとするルメージョを食い止めるために戦うシン、ワカナ、PIAS。
初代復活のために、崩れ落ちるビルの中で全力を注ぐ仲間たち。だが自爆ゴーストとルメージョの猛攻の前に、ついにミニライガーたちのエネルギーが解放されて……!

■第16話 時空突破
イバライガーブラックとミニブラックのオーバーブースト、Rとガールの必殺技。3人の超合体技で自爆ゴーストは吹き飛んだ。しかし、そのエネルギーを得て強化されたダマクラカスンが復活してしまう。エネルギーを使い果たしたイバライガーたちに、時空の彼方から蘇った「彼」から新たな力が託される。時空突破。長く封印されていたイバライガー最大最強の技が、ついに復活する!!


■筆者コメンタリー
■あとがき
■著者プロフィール
■特別付録/イバライガーギャラリー


●広告まんが道の歩き方 ●カソクキッズ ●時空戦士イバライガー ●その他 ●著者プロフィール ●HOME
[うるのクリエイティブ事務所]のホームページはコチラ http://www.urutaku.com/

(C)2017.TAKUYA URUNO CREATIVE OFFICE.